礼拝プログラム

聖書

Praise & Worship(プレイズ&ワーシップ)

現代感覚に近いPOP音楽と臨在賛美を歌います。曲目は毎週かわります。
ある礼拝日の曲目例。イエスはみことば賛美、明るく元気でのびのびと、主の臨在、あなたは私の王、愛と賛美、主はまことに、等。

お祈り

クリスチャンにとって祈りは、非常に重要なことです。ここ開会の祈りはすぐる一週間のこと、これから始まる礼拝を期待していることを神さまに祈ります。

使徒信条 告白

使徒信条の信仰を告白します。「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。 我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。 主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、 ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、 死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、 天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。 かしこよりきたりて生ける者と死にたる者とを審きたまわん。 我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、 からだのよみがえり、とこしえの命を信ず。アーメン」

聖書箇所の朗読

メッセージの聖書箇所を輪読します。現在は「マタイの福音書」の連続講解説教を取り次いでいますので、併行記事と共に20数節くらい読まれます。

聖書箇所からメッセージ

朗読された聖書の言葉を説きあかします。ネヘミヤ8:8

マタイ15章まできました。その前は、「ヨハネの黙示録」22章すべてを終えました。日によっては主題説教もなされます。

異言の祈り

当教会は異言の賜物を与えられていますので、心を注ぎ出して霊から異言でのお祈りをします。第一コリント14章

聖餐式

「聖餐」または「主の晩餐」とも言いますが、月に一回第一週に行います。十字架のキリストのみ体に象徴される、イエスさまの裂かれた御体なる「パン」と流された血潮「ブドウ液」or「葡萄酒」を感謝してこれに与ります。キリストの再臨の日まで、また私たちが主に召される時まで続く教会の聖礼典です。第一コリント11:24~26

癒しの祈り

第一ペテロ2:24

病は神さまが望んでおられることではありません。ですから、イエスさまの御名で病がすべて癒されるように祈ります。

祈りの中で、遠方から来た73歳の方の腰痛が癒されました

献 金

自由献金ですので強制ではありません。クリスチャンは信仰(これが大事)をもって天に宝を積んでいます。

賛 美

曲目例。Above all、聖餐式のある聖日は聖歌399 カルバリ山の十字架、聖歌402 丘に立てる荒削りの、等。

頌 栄

イエスさまがガリラヤ湖畔山上の垂訓の中で教えてくださった、「主の祈り」 The Lord’s Prayer を賛美します。「天にいます わが父よ御名をたたえます 御国をこの地に来たらせたまえや  日ごとの糧を与えたまえ  我らの罪を赦したまえ  こころみに遭わせず  悪より救い出し 国と力と栄えはとこしえに 主にあり アーメン」

Our Father, Which art in heaven Hallowed be, thy name Thy kingdom come, Thy will be done, on earth, As it is, in heaven Give us this day, our daily bread And forgive us our debtus, As we forgiveour debtors And lead us not into temptation, But deliver us from evil For thine is the kingdom And the power And the glory, forever, Amen.(Matthew6:9-13)

祝 祷

唯一一体であられる三位一体、父と子と聖霊の御名によって祝祷をします。
最後にすべての栄光をイエスさまに帰しイエスさまに拍手をもって終えます。が、あまりの嬉しさゆえにジャンプするし走り廻るし泪を流すしと、みんなイエスさまを大好きなんだよね。

Pray to The Lord!  Hallelujah!!

コメント (手動承認)