聖書入門講座 第七章 教会

聖書

第七章 教 会

教会とは、神の霊が建てられたキリストの体です。
従って、教会は聖霊さまが自らつかさどり、保護し、導いていかれます。

教会はキリストの福音を宣べ伝えるため、しっかり建てられて、光を放たなければなりません。
神の御国は忠実な教会を通して広がるのです。

教会とは、聖徒たちが集まる場所だけをいうのではなく、神様に召された聖徒の集まりと交わりがある共同体です。

教会についての理解を促すため、教会の定義と目的、教会の始まり、教会の儀式、教会と信仰生活について探ってみることにしましょう。

第七章 第1課 【教会とは何か】

◎ 教会の定義と目的

1.教会とは、神様が罪人を世の中から「呼び出して」「聖くし」「区別した」「聖徒の共同体」として、キリストに対する信仰告白に基づいているものです。

2.教会が存在する目的は、魂の救いと愛の実践とを同時に追求することです。

*教会とは、建物(会堂)のことではなく、信徒の群れのことを言います。

◎ 教会の区分

1.宇宙教会(Universal Church)
救われたすべての聖徒のことを言います。
聖書はこの教会をキリストの体、または聖殿だと言います。

[また、御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、ご自身がすべてのことにおいて、第一のものとなられたのです。]
(コロ1:18)

* 昔から今まで、そしてこれからもキリスト教会は一つしかないのです。
これは時代を超え、あらゆる階級を超えるのです。
パウロもルーテルもカルヴァンも、そして私たちも、この教会の一員なのです。

2.地方教会(Local Church)

一つの地域で、礼拝、交わり、祈りのために集う聖徒の集まりを言います。
二人、三人がイエスさまの御名によって集うところが教会です。

[ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。]
(マタ18:20)

◎ 教会の構造に対する理解

私たちは教会の両面性をよく理解し、真のキリストの体なる教会の一部として、この世でも光と塩の使命を果たさなければなりません。

* 教会の両面性

◆ 無形教会           ◆ 有形教会
目に見えない教会          目に見える教会
(聖徒たちの霊的共同体)      (制度上の地上の教会)

勝利している教会          闘争している教会
(将来天の御国で安息する教会)   (サタンと戦う教会)

有機的教会             組織体としての教会
(肢体の部分の集まり)       (目に見える組織)

真実な聖徒             教会員
(信者)              (教会に通う者)

 

第七章 第2課 【教会の始まり】

◎ 教会は永遠の前から計画されたものです。

旧約聖書には教会という言葉はありませんが、神様は永遠の前からご自分の教会を建てる計画を持っておられました。

[また、万物を創造された神の中に世々隠されていた奥義を実行に移す務めが何であるかを明らかにするためにほかなりません。これは、今、天にある支配と権威とに対して、教会を通して、神の豊かな知恵が示されるためであって、私たちの主キリスト・イエスにおいて実現された神の永遠のご計画に沿ったことです。]
(エペ3:9~11)

◎ イエスさまは最初に教会について言及されました。

イエスさまはペテロが「あなたは生ける神の御子キリストです」と告白したとき、その信仰の告白の上に教会をたてると言われました。

[ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。]
(マタ16:18)

◎ ペンテコステの聖霊の降臨によって誕生しました。

[ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。]
(使2:33)

聖霊降臨によってペンテコステ以降に始まった教会は、全世界に瞬く間に広がりました。

 

♪ Praise Time 賛美 「Shine Jesus Shine」をどうぞ

SHINE, JESUS SHINE BIG SING at ROYAL ALBERT HALL,LONDON 30 12 2012

 

第七章 第3課 【教会の4大機能】

◎ 神様を礼拝します。

1.神様に感謝と賛美で礼拝することが教会の第一の使命であり、役割です。

2.霊とまことを尽くして神様を礼拝しなければなりません。

[しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。]
(ヨハ4:23)

◎ 御言葉を宣べ伝え、教育すべきです。

1.教会は初代教会のときから、御言葉を宣べ伝えることと教育を同じように強調してきました。

[それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。]
(マタ28:19~20)

2.教育を通して聖徒たちは神様の御旨と真理、規範を悟り、それを実践します。

[そして、毎日、宮や家々で教え、イエスがキリストであることを宣べ伝え続けた。]
(使5:42)

◎ 聖徒の交わりがあるべきです。

1.教会の聖徒は一つの兄弟、姉妹で、愛の交わりを分かち合わなければなりません。

[そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。]
(使2:42)

2.イエスさまは聖徒たちに和解させる使命をあたえられました。

[これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。]
(Ⅱコリ5:18)

◎ 御言葉を宣べ伝えなければなりません。

1.イエスさまは天に上られる時、弟子たちに地の果てまで御言葉を宣べ伝えるよう切に願われました。

[しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。]
(使1:8)

2.聖徒たちは時が良くても悪くても、一生懸命に福音を宣べ伝えなければなりません。

[それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。]
(マコ16:15)

 

第七章 第4課 【教会の聖礼典】

◎ バプテスマ(洗礼)

1.バプテスマはギリシャ語の「バプテスゾー」(浸す)から由来しました。
この言葉の元来の意味は「水の中に完全に浸す」です。

2.バプテスマの意味

イエスさまが命じられたことで、三位一体なる神様の御名で行われる聖なる儀式です。

[それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。]
(マタ28:19~20)

悔い改めと信仰の告白が先に立たなければなりません。
キリストと共に古い人が死に、新しい人として生まれ変わって、教会の一員になることを意味します。

[あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。]
(コロ2:12)

◎ 主の晩餐(聖餐)

1.パンと葡萄酒はイエスさまの御体と血潮を象徴します。

[感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行ないなさい。」夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。]
(Ⅰコリ11:24~26)

2.イエスさまが捕らわれる日の夜、ご自身で始められた教会の聖なる儀式です。

3.聖餐を通して主の赦しと、命を救う力とを体験するようになります。

4.聖餐を通して、主にあって聖なる交わりを分かち合うことが出来るようになります。

5.キリストが私の罪を赦すために、体を裂かれ、血を流されたと信じる人のみが、聖餐に参加できるのです。

[したがって、もし、ふさわしくないままでパンを食べ、主の杯を飲む者があれば、主のからだと血に対して罪を犯すことになります。ですから、ひとりひとりが自分を吟味して、そのうえでパンを食べ、杯を飲みなさい。みからだをわきまえないで、飲み食いするならば、その飲み食いが自分をさばくことになります。そのために、あなたがたの中に、弱い者や病人が多くなり、死んだ者が大ぜいいます。]
(Ⅰコリ11:27~30)

 

♪ Praise Time 賛美 「 Spirit Song 」をどうぞ

Spirit Song (with lyrics)

 

【考えましょう】

教会はイエスさまが再び来られる日まで、神様の御旨を成就する、生きた信仰の共同体にならなければなりません。それゆえ、教会は、大切な4大使命を実行し、バプテスマと聖餐を通して、継続して神様の恵みの中で成長し、社会を福音で変化させる光と塩の役割を果たさなければなりません。

1.あなたは教会の一員として、これからどんな生活を送るべきだと思いますか。

2.バプテスマは私たちの命とどんな関係がありますか。

3.聖餐を通して私たちが体験できる恵みと力は何ですか。

 

 

コメント